ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 港の紳士 | main | ぼくの仕事 >>
2013.11.25 Monday

気分の晴れない楽しさ。


京都に行ってきました。久しぶりにお寺をたずね、ライトアップされた高台寺を散歩。美しいですね。ちょうど紅葉が真っ盛りで燃えるような朱やオレンジの葉が寺の庭園の池に映り込んで、あーあ日本はいいなあと。祇園の裏通りを歩けば京都の細い路地は趣のある塀や門で、改めてこの国の文化を感じます。
最近はその文化も「おもてなし」などの言葉で、軽々しく表現だけがもてはやされていますが、もっと本気でひとり一人が見つめ直さないといけないですね。

ところで、そういう美しい町並みを歩きながら、美味しいものを味わい、幸せな時間を過ごしたのですが、本当に恵まれています。
でもこの日本、裏側では、世界でもっとも食べ物を捨てている国であり、世界を脅かす重大な原発事故を抱える国であり、未だに何十万人の方が失われた生活を取り戻すことができない国です。
私たちは、いま与えられた幸せにどういう気持ちで向き合うのが正しいのかをいつも心の隅で考えなくてはならない。
どうにも気持ちの底からリラックスできない今なのです。美しいものとの幸せな時間がある反面、どこか心が晴れない。
いま私たちはますます見なくてはならない所を見られないような社会に向かっています。
原発のことも、被災のことも、政治のことも戦争のことも、すべては隠されて蓋をされて、楽しく明るい消費社会を楽しんでいてくださいと甘い言葉に踊らされているような気持ちです。
もちろん、楽しいことを楽しむのは多いにいいことですが、どうもバランスが崩れている気がする。
気分の晴れない楽しさ。皆さんはどうですか?

京都の裏通りで。



お知らせとお願いです。
震災の翌年になでしこジャパンの選手と東北に行き、子供たちにサッカーのワークショップを開きました。元気の支援です。そして被災からもうすぐ3年になろうとしています。でも、いまだに心晴れない生活や苦しみから抜けられない多くの人がいます。
来年の1月に、再び東北にサッカーのワークショップを持って行くことになりました。スポーツの力で子供たちに元気をと、今年は「スポーツの力で東北応援キャラバン」と名前をかえての開催です。
その開催にあたり、協賛してくださる方を募集しています。詳細は僕の事務所にお問い合わせください。よろしくお願い致します。まだまだ開催の費用が足りません。どうか口コミで広げて頂いても嬉しいです。

「スポーツの力で東北応援キャラバン』第二回
このイベントは
様々なスポーツの選手たちに東北で子供たちと交流をもってもらうワークショップイベントで毎年開催するものです。
世界では、大規模な災害に多くの方が苦しんでいますが、あの東日本大震災の復興もまだまだ始まったばかりです。しかし周りの状況を見れば、被災地支援のムードはかなり意識が低くなりつつあります。

そんな現状の中、今回は昨年に続いてASエルフェン狭山/サッカー女子日本代表の大野忍選手が中心となり、再び東北でサッカーを通じて現地の子供たちにエールを送ろうというイベントの開催です
既に何社かの企業や個人の方が協賛の意思を表明してくださっていますが、
まだまだ開催予算に届きません。
関心を持って頂ける方、協賛をしていただける方はぜひ詳細をご説明できますの
僕の事務所まで、またはメールでお問い合わせください

開催まで時間がありません。
どうか一人でも多くの方のご協力とご協賛を心からお願いしたいと思います。

開催地
福島県伊達市、宮城県石巻市

開催日
2014年 1月11日 1月12日

主催
NPO法人DoTankみやぎ
有限会社蓮井幹生写真室 スポーツで東北応援キャラバン実行委員
03-2794-2249 担当外山

シェアしていただけるだけでも助かります。
よろしくお願いいたします。

蓮井幹生

 
コメント
コメントする