ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日々の記憶 | main | あー、途方に暮れる。 >>
2012.10.11 Thursday

MAZDA君


ランドローバーから乗り換えたMAZDAのCX5、クリーンディーゼルは本当にいいクルマです。エコカーというジャンルに入れてしまうにはちょっともったいないくらいに、クルマとしての基本性能を守っていて、なおかつ色気のある走りです。
わたしはすっかり気に入ってしまって、MAZDA君と呼んでいます。
クルマの色気って本当に何なんでしょうね。
このクルマに関して言えば、大人っぽいということでしょうか。
無駄なものがない。装飾に関してもです。メーターやスイッチの配置とデザインが程よくて飽きがこない。視認性をまず第一に考えていること。だから、イルミネーションも落ち着いていて視界を妨げないんです。
サスペンションやハンドリングもしっかりとしていてしなやかなんです。もちろんシートも疲れない形でそれ自身が美しい。燃費の良さは言うに及ばずです。
ようするに大人ということは、人と同じで出しゃばらず自分をひけらかさず、相手を尊重すること。このクルマの色気とは、最終的にドライバーをしっかりとサポートしつつ出しゃばらないということのように思うのです。

高性能な日本車ですが、ちょっとこのクルマに至っては教えられること多しです。

広告の仕事も、消費者を尊重しつつ、出しゃばらない表現で静かにクライアントからのメッセージを伝えられれば、大人な広告になるのだと思います。ちょっとだけユーモアとエンターテイメントを加えて。

そう考えたら、このクルマのちょっと変な顔が、ユーモアに思えてくるから不思議ですね。

SIGMA DP2 Merrill 花の色にも色気がありますね。

 
コメント
CX5はクリーンディーゼル搭載車ということで、発表時から興味がありましたが、
スタイリングを見て一目ぼれしました。欧州車を意識しているとは思うのですが、
単純な真似とは一味違った印象がありMAZDAはかっこいいなと。
それでいてインテリアや走行性能もしっかり造りりこまれているのですね。
欲しい車ナンバーワンです。
ちょっとだけユーモアとエンターティメンとを加えた、でしゃばらない表現の広告、
大賛成です!
  • Daisuke
  • 2012.10.13 Saturday 14:00
コメントする