ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 美味しいお水の支援、その後のご報告です。 | main | ぼくは、クルマなしでは走れない。つづき。 >>
2012.06.05 Tuesday

ぼくは、クルマなしでは走れない。

 

このところ、国産のニューカマーと言われるクルマにやたらと試乗している。今日もある国産のハイブリッドに試乗してきた。
先月もクルマの広告を二本立て続けに撮影していて、改めて国産車をしっかりと見ていないなあと実感したからだ。
今日の試乗は、ハイブリッドで6速マニュアルのコンパクトスポーツ、と言えばバレてしまいそうだが、以前から興味があったので、思い切って長めの試乗をしてきた。
結論から言えば、かなりのできだ。そんなにクルマのことに詳しい訳でもないから、生意気だが、その操作感覚がダイレクトなこと、サスのセッティング、シート、まったくヨーロッパのスポーツコンパクトに負けていない。
いや、それどころかその性能にすべての快適装備が備わっていて、欧州のコンパクトの7掛けの値段で、燃費はリッター20キロだから恐れ入る。
洗足池から、中原街道を走り始めれば、5分と走らなくとも操作の感覚は把握できて、その後は水を得たなんとかだ。
交差点で止まれば、いつの間にかアイドルストップ。ブレーキから足を離せばブルンと掛かる。
そして、なによりも洗練されたスタイリングからは、デザイナーが丹念にクレイモデリングした苦労が容易に想像できる。
私の20年落ちのPとは比べ物にならない快適さである。
「いっそ、買い替えちゃおうかな。国産の時代だなあ。」などとついつい思わされてしまう。今はもう外車がどうのこうのと言う時代でもない。ようは冷静にクルマとしてどうかということにつきる。燃費を含めたそのコストパフォーマンスも立派な性能なのである。
しかし、その後、環七に戻った辺りから、何かが足りないぞと思い始めた。
先週試乗したクリーンディーゼルも同じようにその性能にほれぼれしたが、何か足りないと感じたことを思い出した。しかしそこは実用本意のSUVだからいいとしても、今回はコンパクトスポーツだ。スポーツカー。
何かが足りない。
それが突然分かったのである。
それは、運転している時に感じるべき「色気」である。官能的な色気である。セクシーかどうか。これは、スポーツカーにとってもっとも大切な何かではなかっただろうか。
私は、これが足りないと感じたのである。

色気とは不思議なものだ。
人でも、最後は色気だ。その人の知性がどんなに高くとも、色気を伴っていなくてはなかなか人を感動はさせない。色気なしに語られる知性にはあまり説得力がないように感じる。
クルマも同じではないだろうか。
性能はどんなに高性能になっても、いずれ人はそれに物足りなさを感じる。
しかし色気というものは人を飽きさせることがない。先ほどのように人に置き換えるならば、どんなに無茶な人でも、色気のある人は魅力的である。
その色気は何処からくるのか分からない。もしかしたら後天的に備わるものではないかもしれない。
日本のクルマはそのコストパフォーマンスにおいてはもはや世界一で、なお性能に於いても、もう外車になんのコンプレックスも感じることは無いと思うのだが、ただ一点、素直にこの色気を感じないのである。もし私がその色気に気づいていなかったとしたら、速攻で契約に至ったかもしれない。そのくらい、クルマとしての完成度は高い。
ただ、不思議なもので、外国の方からすれば、この軽さが日本車の「色気」として感じるのかどうか、いずれ聴いてみたいと思う。

よく考えてみれば、カメラも然り。私はライカを普段から仕事にも使うのだが、使う喜び以上に、いつまでも共にある喜びを感じる。そんなカメラが私は好きだ。これは「色気」なのであろう。
日本のクルマとカメラにこの色気が備わったなら、それこそ世界一だと思う。それを多いに望みたい。
ちょっとまて。外車と同じ色気を追っていればそれを越えることは出来ないけど、日本車なりのクルマ論を作り上げて行けば、いずれこれからの時代をリードする「クルマの色気」を生み出すことになるのかもしれない。
ぼくは、やはり、クルマなしには走れない。

SIGMA SD1 30mm
 
コメント
色気を感じるクルマ、117クーペ、初代ギブリ、ミウラ、2000GT、初代シルビア、バイクだと250デスモ、RC166、スズキのグース。色気を感じる部分は人それぞれだと思いますが、ここを突き詰めてゆくと本当の自分がわかるような気がします。今までで使ったカメラだとコンタックスのRXは官能的でした。ますますライカが欲しくなってきました。
  • iwamo
  • 2012.06.06 Wednesday 00:23
iwamoさん、セブンもカラダにその感覚が染み付いてしまいますね。
  • mikio hasui
  • 2012.06.08 Friday 08:00
コメントする