ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ズームレンズについて | main | ぼくは、クルマなしでは走れない。 >>
2012.05.31 Thursday

美味しいお水の支援、その後のご報告です。

 

先日、石巻の雄勝の方々の仮設住宅に配布した浄水タブレットのエランビタールですが、使って頂けていると嬉しいです。
ところで、次のステップに向けてのお話と、私が感じていることを正直に書こうと思います。それが、これからの支援に少しでも参考になればと思います。

先日の配布の際のことです。一カ所目の仮設ではかなりスムーズに配布が出来ました。しかし三カ所目の仮設では小さなトラブルが発生しました。
それは、数が足りなくなってしまったことです。もともと世帯数から必要な個数に余裕を見て300を用意したのですが、最終的には30個以上足りませんでした。
その訳は、一人で数個以上を持っていく人もいらっしゃったからです。順番に一人ずつに配布すれば良かったのですが、来られない方もいらっしゃるので、お隣の分は持っていって下さいと言うことにしたのですが、中には5個近く持っていった方もいらっしゃったようです。
配布が終ってから、もらえなかった方々が来られて、どうしてもらえないのかと詰め寄られました。仮設の部屋番号でチェックしなかったのがまずいということでした。(幸いにも、メーカーの方が、至急でご用意いただけたので配布はできました。)
確かに、その通りです。深く反省した次第です。しかし、公平ということに拘るなら、この支援も他の仮設にも広げなくてはならず、その総数は2000個でも足りません。
誰にも公平にと言うのは大鉄則だと思います。しかしそれに拘れば、被災直後の行政が行き詰まった様に、いつまでも支援としての配布ができないかもしれません。管理もしきれません。
出来る限りの多くの個数を確保するために、メーカーには無償でというお願いをせず、最低限のコストでお願いしました。そして皆様方から貴重なご支援をいただき実現しています。でも限界があります。
しかし、そもそも被災地の方々には何も責任はないのです。それはどういうことかと言えば、被災という言葉でくくってしまうから無理がある訳で、一人一人、その生活の考え方も経済的な環境も、被災状況も皆違うという当たり前のことなのです。必死に前向きに再建に努めている方も大勢いるし、あまりの悲惨さに精神的に参ってしまわれた方、もともと諦めている方、人のためと自分を犠牲にしている方、ほんとに様々なのに、被災という一括りにしようとしています。でも被災していてもいなくても、人間なのです。いろんな人がいるのはあたり前です。そして必要としている支援も様々、百通りです。

私は、出来るだけ多くの方にと思い過ぎていた様に思います。
その考えが、本来出来ることを出来難くしていると思ったのです。
美味しいお水の支援も、ほんとに必要としている人と、そうで無い人にしっかりと分けなくてはならないのですが、それは大変難しい。
支援される方々も、もらえるものならと思われるのも無理のないことだと思うのです。
でも、皆様からお預かりした支援金で実施する以上、本当に必要な方々に使って頂きたいのです。
先日ご報告した様に、約60万円を使い、いま現在後30万円のご支援金をNPOでプールしています。
そこで来月ですが、今月末までのご支援で二回目の配布をしたいと思うのですが、今回は次の様にしようと思っています。

私は最近、珈琲の焙煎にハマっているんです。まだまだ素人ですが、それでもそれなりの味なんですよ。笑
二ヶ月ほど前に、自家焙煎の珈琲をもって、なんども訪れている仮設のお宅に伺い、珈琲を淹れてきました。凄く喜ばれたのです。
これからの支援は、ただ物資を渡すだけではないと思います。大切なのは、より深いコミュニケーションを持つことだと思います。
私のクルマに自家焙煎珈琲を沢山積んで、仮設住宅を廻ります。そこでカフェを開きます。珈琲を淹れるお水は、仮設のお水に支援の浄水タブレットのエランビタールを入れて使います。
そこで集まって下さった方々といろんな話をして楽しんで、その方々一人一人にエランビタールをお渡しします。スマイルレターもして、写真を撮ったり、それをプリントしたりもします。
そうやって、大量には配れませんが、より深い関係を持てるサロンで、心の繋がる支援が出来ると思うのです。おそらくあと150個の支援で、いくつかの仮設を廻ることになりますが、無理をして大量配布を求めるよりも、出来る範囲での出会いを大切にした方がいいと思うのです。
一人一人が小さな支援でも、深く関わること。そしてそれをどんどん増やすことが必要なのではないでしょうか。大きな災害だからこそ、大規模にではなく、小さくてもより多くという方が結局は力になれると思っています。
いかがでしょうか?ご意見をお持ちしています。

蓮井幹生

SIGMA SD1 17-50  夕方のカラー。



コメント
本当に難しいことだと思います。色々なさっている姿には頭が下がる想いでいっぱいです。

新しい支援の形、とてもいいと思います。コーヒーには、人の心をほぐし、開く力があると思います。
きっと正解などないのだとは思いますが、最善だと思う策を実践していくことで、いい道が見えてくることをお祈りしています。
がんばってください。
  • ペルクロ
  • 2012.06.01 Friday 21:11
コメントする