ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カメラ大国ならば、写真大国に。 | main | Leica M3 への誇らしい想い。 >>
2012.04.23 Monday

美味しいお水の支援

 

いよいよ来週には、皆様からご支援いただいている「美味しいお水の支援」で、やく300世帯の仮設住宅の方々に、エランビタールを配布できることになりました。
ペットボトル に水道水を入れてそれにエランビタールを入れると、塩素臭が消えてお茶が美味しく淹れられ、またご飯もおいしく炊けます。漁に出るときの水もミネラルウォーターの様にすることができます。
仮設住宅での不便な生活にすこしでも安らぎが生まれればと思います。
この一回目の配布の模様とその後の皆さんの感想は、このブログに掲載する予定です。

東北にもやっと桜前線が北上してきました。今日あたりは福島から宮城にかけて満開です。そのあと岩手から青森へと一気に駆け上がることでしょう。
その桜を追って明後日大船渡に行きます。
震災後の4月、支援活動の一環で、未来オークションという催しが開かれました。参加したアーティストが将来制作する作品をオークションで落札してもらい、そのお金で支援するという企画でした。
私もそれに参加して落札された作品が、「一年後の大船渡の桜」の写真でした。
2011年の4月に大船渡に行った時、町の真ん中に大きな漁船が打ち上げられて、周りは見る影もなく破壊されていた所に一本の桜の木があり、その桜は健気にも小さな花をつけていました。来年またここに来てこの桜の写真を撮ろうと決めたのです。
大船渡にいる友人から来週あたりが見頃ですと言う連絡があり、いよいよその撮影です。
今は、瓦礫も撤去され、おそらくその辺りは更地になっていることでしょう。しかしその場所が改めて特定できるかどうかは、行ってみなくては分かりません。桜も無くなっていないといいのですが。

あの震災からまだ一年。なにも復興らしいことは始まってもいません。瓦礫の処理に関してもいまだにその議論も尽くされず、不安が広がるばかりです。私はいま、そんな状況を見る度に、被災地が置き去りにされている様な気になります。支援するためのイベントも減り、ボランティアも減り、報道も減り。
でも、誰もが何かしたいという想いはそう変わっていないのではないでしょうか。ただその窓口が減り、分かりずらくなった。そして、もう見たくない、聞きたくない,出来れば避けていたいという気持ちも正直な所だと思います。
でも、小さなことを少しだけでも皆がやり始めればまた大きな力になります。
この,「美味しいお水の支援」をとおして、一人でも多くの方に関心をもっていただきたいと切に思います。もう一度大きな支援の力が必要です。

SIGMA SD1 Merrill  17-50



コメント
美味しいお水の支援、さらに広がっていくといいですね!
現地で復興のお手伝いをしたいのですが、育児や仕事に追われ現地へ行くのは難しい状況です。微力ですが、これからも協力させていただければと思います。
桜の撮影もどうぞお気をつけて!
  • iwamo
  • 2012.04.24 Tuesday 12:19
iwamoさん、ありがとうございます。
  • mikio hasui
  • 2012.04.24 Tuesday 14:40
コメントする