ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オーディオと写真 | main | 写真とは再構築すること。 >>
2011.12.24 Saturday

クリスマスイブのお菓子を持って石巻へ。

 
今日23日、皆さんからお預かりしたクリスマスのお菓子を石巻の仮設住宅に届けて来ました。
かなりの量を頂いていたので、NPOの遠藤氏に半分をお願いして、私は先々月にスマイルレターでお邪魔したある仮設住宅にお菓子を持って行きました。


この前訪れた時よりも一層静かに、しーんと静まり返る仮設住宅団地。
一昨日は5センチの積雪だったそうで、体が芯から冷える寒さです。
ここの仮設は窓と玄関の二重工事が終わり、少しはましになったそうですが、床の断熱がしっかりしていないので、やはりエアコン一台ではどうしようもなく寒いということです。


集会場では、地球の楽校というNPOの人たちが影絵をするようで、その準備をしていました。今日は、地域の野球試合があって子供たちが少なく、残っている子供はみんな女子でした。


影絵が始まりました。子供たちは静かに見入っています。


集会場の入り口に頂いたお菓子や手作りのクッキーを並べました。明日のイブに食べるお菓子です。影絵が終ると一人一個ずつ。野球に行った男子たちは夕方戻って来てからとりにくる様に。


明日はクリスマスイブだというのに、子供たちにはあまり元気がありません。
ここの仮設住宅にはイルミネーションもクリスマスツリーも無いので、クリスマスだと思っても、あまり実感できません。ちょっと寂しいのかもしれません。


窓のところに猫が。お前はどこから来たのかと言わんばかりに、じっと私を見ています。


目の見えない柴犬を散歩させる人。犬は歩こうとするのですが、同じところを何回も廻っています。暗闇からの出口を探す様に。


明日はイブ、そしてクリスマス。
全ての子供たちに少しでも笑顔があります様に。

12月23日 石巻



 
コメント
コメントする