ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 光の写真、526。 | main | 光の写真、531。 >>
2011.05.29 Sunday

2度目のスマイルレター。

宮城県登米市の公民館に177人の方が避難しておられます。皆さんは南三陸町やその周辺から避難された方々です。そこで2回目のスマイルレターをやってきました。前回はマッサージの先生方に同行していただきましたが、今回は賛同してくれたヘアメイクアーティストのmichiruさんの呼びかけで、5人のヘアメークの方が同行してくださり、皆さんのヘアーカットとメイクをして撮影するという企画になりました。


朝から予約が殺到です。みなさんずっと美容室にも行けなかったので、喜ばれていました。子供たちは散髪です。タケさんのカットの後はmichiruさんがメーク。みなさん、まるでモデルか女優のようにピカピカです。






風景の見える窓の前で日中シンクロで撮影。「10才は若返ったよ」



生憎の雨模様だったので、ストロボで壁を背景に撮影です。子供たちはAKB48の様にとちょっと気取って。



家族写真も撮ります。

「写真がすべて流されてしまって、探しに行っても見つからないです。でも今日のこの写真が私たちの新しい一枚目。」

「あら〜、久しぶりに女性に戻れました。」

「被災地で働いている夫が見たら、驚くかもです。」

今回は約60人の方々の笑顔を撮影してきました。michiruさんチームはファンデーションと口紅を皆さんにプレゼントして、いつものお仕事以上に丁寧に62人の方のヘアメイクをしてくたくただったと思います。本当にありがとうございました。

私は夕方から、今回お預かりしたブラジャーなどの支援物資を石巻の避難所に届けて終了でした。今回は多くの女性に喜んでいただけたスマイルレター。みなさんありがとうございました。
なんどか東北に足を運び感じる事は、やはり今回の被害の甚大さです。復興には本当に長い時間を必要とするでしょう。政府や行政は必死に頑張ってくれています。しかし、今回ばかりは政府まかせで乗り切れるものではありません。政府は大きな取り組みで動かなくてはならないですから、細部には行き届く事ができません。そこを私たちが行動力を持って支援して行く事が大切だと、痛切に感じています。
今回は友人の寺本りえ子さんや制作会社のスタッフが行った炊き出しと合流したのですが、少しでも美味しくて栄養のあるものを食べていただこうとしている彼らの気持ちが、被災された方々を勇気づけていました。支援を長く続ける事が必要です。私もこうやって通っているうちに東北がすごく好きになっています。ワークショップで縁の出来た宮崎と同じくらいに東北も。私の中で日本という国に対する気持ちがすごく大きくなったのは確かな事です。「詠む写真」の制作にも大きな影響とヒントを頂いている気がします。
日本は私の住む国です。私の家なのです。

コメント
ご苦労様でした。
笑顔を呼ぶ活動、笑顔を伝える活動、すばらしいですね。
  • 今ちゃん
  • 2011.05.30 Monday 09:06
僕もなにかはじめようと思います。
  • DJしまじろう
  • 2011.06.02 Thursday 16:26
コメントする