ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.08.12 Thursday

食は人を作る



夕方、友人夫妻と大磯にあるアジア食堂「ラスカル」に行った。この食堂のご夫婦の奥様が妻の友人なので、前から行きたかったそうで、やっと実現したというわけだ。このレストランは本当に美味しかった。アジアのいろんなスタイルのオリジナル料理で、沖縄、タイ、ベトナム、そしてなんとモンゴルまで。アジア味が好きな方はぜひともお勧めしたい。インターネットでラスカルと検索すればすぐに見つかるはずだ。それにしても、アジアの独特の香りと味、コリアンダーやニョクマム、なぜこんなに食欲がわくのだろう。アジア人に生まれて本当に良かったと思わせてくれる味。なぜか食べながら、日本はもっとアジア人としての自覚を持った方がいい、プライドを持った方がいい、と感じていた。食は人を作る。
自宅から海沿いの国道を走って、途中で夕日を見ながら、レストランに向かった。いい時間だった。気心の知れたいい友人との食事は本当にいいものだ。
今日の空は台風のあとだからか、力強い色で塗られていた。シグマDP2。
2010.05.03 Monday

農民カフェ



久しぶりにゆっくりしている連休。今日は朝から昨日撮った作品の画像を整理した。この作品は写真の絵本の習作で、「どっちが上?」というタイトル(仮)だ。数日前のこのブログに掲載した変な重力に逆らった写真を見ていただいただろうか。あの洗濯ハンガーにいろんなものをぶら下げて撮ったもの。それを逆さまにプリントしている。見ていると、なんだかいつも使っていない脳みそを刺激されるような快感がある。短い文章を、それぞれの写真につけるつもりだが、それはこれから。出来上がったら、このブログで公開しようと思う。
午後からはちょっと近くのホームセンターに行った後、友人の写真家と食事をする約束をしていたので、下北沢に向かった。駅を出ると、若い人ですごい賑わいにちょっと躊躇する。ほとんど竹下通りのような感じで、むかし学生時代によく来たこの町の印象とは全く違った。マサコというたまに通ったジャズ喫茶にちょっと寄ろうとしたが、昨年の秋に閉店してしまったそうだ。
夕食の待ち合わせをしたのは、友人の写真家のNさんが見つけてくれた「農民カフェ」というお店。
http://livemedia.co.jp/wwc/nong/nong_minkafe.html
一軒家を改装したお店に入ると、「お帰りなさーい!」と言われてびっくりする。店内はアットアホームな内装で、なんだか知り合いのお家に招かれたような感じで、とてもリラックスできる。
お料理は有機農法にこだわった農家と直接契約して仕入れた食材で、丁寧に調理されたおいしい料理ばかりだ。ワインも有機ワインだったり、梅干しが手作りだったり、ちょっと気に入ってしまった。それにしても最近農業に関わる人たちとつながりができる。きっと今の日本の食の状況に危機感を持つ勇気ある人たちが増えているということだろう。こういう人たちには本当に頑張って欲しい。
もちろん帰るときは「いってらっしゃーい!」と言われてちょっと照れていたら、店のオーナーが声をかけてくれた。「蓮井さんですか?僕ですよ、以前撮っていただいたジャックナイフというバンドの、、、』驚いたことに、そのジャックナイフのリーダーがオーナーだった。
「今は、バンドもやってますが、農業をやってて、この店出したんです。」
世の中狭いものだ。いや出会いである。なんだか不思議な夕食だった。
夕方の小道。ライカX1、絞り優先オート。

2010.04.01 Thursday

美味しいカフェ



このところ、美味しいものの事ばかり書いていますが、もう一つ。ぼくの会社スナッピブッダの社員(と言っても5人しかいませんが)が毎日のようにお世話になっているのが、五本木にあるカフェ「nord」http://homepage3.nifty.com/cafemania/01cafe/gkge_nord.htmlです。以前にもちょっとご紹介したこのカフェ、広告や芸能関係の業界ではちょっと有名ですが、ほんとに美味しくて、リラックス出来る素敵なカフェなのです。オーナーは北海道出身の遠藤さん。いつも坊主頭の優しい風貌のイケメン?です。奥様はスタイリスト。だからお店はシンプルですが、どこかあったかい雰囲気です。遠藤さんは流石に北海道出身とあって、素材にうるさい。根室や小樽から美味しい食材を見つけては創作料理に励んでます。魚やお肉はもちろんの事、卵、野菜、オリーブオイル、すべてに有機の身体に優しい素材です。遠藤さんに言わせれば、ただ美味しいものを探せば、自然とそうなってしまうという事らしいです。でもそれ、本当ですね。丁寧に食べる人の事を考えて作られたものですから、美味しくなって当たり前です。
今日のお昼は、遠藤さんが特別に作ってくれた、ポルチー二ダケとハムのクリームソースパスタ。いやびっくりする美味しさでした。ちょっとした本格イタリアンレストランだったら、半分のポーションで2500円はするかもです。
場所は駒沢通りから五本木の交差点を三宿に向かって500メートル歩いた右側です。ぜひ立ち寄ってみて下さい。夜行けば、意外な有名人に会えるかもしれませんよ。付け加えると、「nord」はペットも大丈夫です。ただし常識あるオーナーと躾のできたいい子だけですが。
食卓の風景。キャノンIOS5Dにライカマクロエルマリート60ミリ。
2010.03.29 Monday

おしりパン



たまにご紹介する美味しいお店。今日はレストランではないのですが、ぜひご紹介したいので。
「おしりパン」ご存知ですか。今月のブログの中でも登場していただいた、宮崎のマーケットFOODAILYの宮田さんに教えていただいた宮崎のパン屋さんです。このパンを焼いていらっしゃるのはOHANAというお店をやっていらっしゃる村上さんhttp://oshiripan.com/profile。サーファー!いや、ダンサー?いや、とにかく人生をとことん楽しんでいらっしゃる方のようです。写真のようにおしりの形をしている事から「おしりパン」と名付けられたこの可愛いパン、癖になる美味しさというのはこの事でしょう。一口で言うと素朴な甘みと柔らかな食感、音楽で言えばワルツでしょうか。食べて楽しいパンなのです。もちろん無添加の食材に拘った体に優しいパンです。
写真もそうですが、ものにはその人の気持ちや考え方がどうやっても滲んでしまうものです。だから楽しいのがモノ作り。最近このパン屋さんのように、小さく少なく、奥深くで自分なりのものを丁寧に作っている人に多く出会います。以前は安い事と早い事が商品の価値を高めた時代がありました。でも今はすべてが安くて早くなっていしまった事に皆が慣れてしまい、そこから抜け出せなくなっている時代です。メーカーは安くしないと売れないからコストがかけられない、だから良いものが作れない。でもそこから抜け出さないと本物が生まれない時代になってしまいます。今は小さく少なく、奥深く!そんな事を考えながら「おしりパン」を食べたのでした。
この「おしりパン」、FOODAILYの店頭に並ぶとあっという間に完売だそうです。でもインターネットでも問い合わせる事が出来ますから、皆さん、ぜひ味わってみてください。
娘の食卓で。シグマDP2、マクロアダプター。
2010.03.19 Friday

料理を食べてクルマを見て



午後から御殿場に開店したイタリアンレストラン「TANTA ROBA」の撮影に出かけた。このレストランは東名御殿場インターから5分の広い敷地にゆったりと立っていて、大きなガラス張りの窓から雄大な富士山を見ながら食事が出来るぜいたくな立地である。今日は生憎の天気でその立地に良さを撮影する事は叶わなかったが、料理を撮影した後でシェフの新田さんご自慢の料理を堪能させていただいた。ここのイタリアンは力強い料理と言ったら良いのであろうか、素材の味わいを大切にした、でも大らかで豊かな風合いの料理である。ちょっと隠れ家的な場所であるので、クルマ好きがちょっとドライブに行った際に知っておくとパートナーから好感度を得られるだろう。(0550-70-6255)帰りに東名の厚木インターをおりて走っていると、HONDAのディーラーに噂のCR-Zが展示してあった。小さくてきゅっと引き締まったデザインのスポーティーなクルマだ。人の目を引くオーラがあるクルマだ。そして肝はハイブリッド!その上にマニュアルがあるというから、ちょっと欲しくなる。HONDAはこういうクルマ作りが本当にうまい。若い人が乗りたくなるキュートなクルマ、カッコいいクルマ、そして大切なのはこのクルマに60歳ぐらいの大人が乗ってもそれもまた絵になるという事である。他のクルマメーカーにそういうクルマがあるとしたら、ユーノスぐらいだろうか。若い時はスポーティーカー、結婚したらファミリーカー、そしてワンボックス、歳をとったら外車かセダン。そういうしきりがクルマだと思い込んでいるメーカーが遅れている気がする。クルマはもっと自由な乗り物、楽しい乗り物だから乗る人が変わればクルマも変わって見える。でもクルマが変われば人が変わって見えるというのはどうもいただけない。料理にはシェフのすべてが出るように、クルマにはドライバーのすべてが出る。
近所のかわいい影絵。シグマDP2、プログラムオート。
2008.12.27 Saturday

ほら、角の。


今日は娘がポニーキャンプに行ったので、
久しぶりに家内とレストランで食事をしました。
行ったお店が「hola! kadono] そう「ほら、角の。」というお店です。
このお店は五本木にあるノルドというカフェの姉妹店で、
オーナーシェフの遠藤さんがやっていらっしゃるお店です。
ノルドはちょっとおしゃれ大好きな人たちの間では評判の
五本木にあるカフェ。
こじんまりした空間で美味しいパスタやオリジナル料理が食べられます。
もちろんお酒も。
そのオーナーシェフの遠藤さんが、
もっと本格的に、尚かつカジュアルに
美味しいものを楽しんでもらおうと開いたそうです。
今日いただいたのは、
鹿肉のたたき、バーニャカウダのサラダ、
砂肝とニンニクのスタミナ炒め、それに白子の鉄板やき。
どれも新鮮で美味しい素材を見事に生かした一品です。
特に北海道(遠藤さんは道産子です)から直送で入れた素材を使ったパスタなどは、
本当に美味しくてびっくりしてしまいます。
場所は池尻。クルマでこの辺りを走る方はご存知だと思うのですが、
246の池尻から下馬へ抜ける抜け道があります。
出光があるところを左に入って500メートルぐらい行くと
角に酒屋さんがあったのですが、ここが「hola! kadono」です。
美味しいワインと豊富なメニューでたのしいひと時でした。
娘が戻ってくる29日まで、存分に大人時間を楽しもうと思います。
今日はちょっと美味しいお店のご紹介でした。
2007.10.07 Sunday

近くの素敵なレストラン



今日はちょっといいレストランをご紹介します。藤沢の片瀬山の一軒家をお店にしているフレンチレストラン「VILLAGE」ヴィラージュと言います。写真はそこのキッチン。このキッチンをシェフが一人で切り盛りしています。地元の新鮮な魚や野菜を使った料理はとにかく美味しいんです。感心するのは、同じメニューが出ないということ。毎回オーナーのジョリさん(日本の方です。)のメニューの解説が楽しみです。今日はアミューズにシシリアのカブとウニを使った一品。オードブルが自家製スモークのウズラをズッキーニに乗せ、ペシャメルソース(バルサミコが入った)をかけたもの。メインは金目鯛と真鯛をココットに松茸と一緒にいれて蒸し焼きにしたもの。鎌倉のごぼうも入っていていい香りです。どれもとてもおいしかったです。そしてデザートは奥様の手作りで暖かい美味しさです。写真を撮るつもりでカメラを持って行ったのですが、気がついたら撮るのを忘れて食べてしまっていました。ごめんなさい。藤沢においでの際にはぜひ。藤沢駅でタクシーにのって片瀬山のヴィラージュと言えば大丈夫です。このお店、オーナーとその奥様とサーファーのシェフのケンさんの三人でやっていらっしゃって、ちょっと家庭的な暖かい雰囲気がその料理をよりいっそう美味しくしています。うちの七歳の娘には特別にケンさんのオリジナルをアレンジしてくださり、いつも感謝です。気取りすぎていなくて、サービスということが本当に気持ちのいい本物のレストランです。